院長紹介

 

院長:久米 徹

こんにちは、院長の久米徹です。私は生まれも育ちも長田です。1980年よりこの地にある久米歯科医院を継承した2代目です。
診療に対する考えは、もし自分自身がそのような状況(病気)になってしまった場合、どのように調べて診断され治療を受けたいかをベースにしています。
私自身、30歳の時にスキーで半月板損傷する怪我をし、手術を受けました。そのときに受けた治療の流れが大変わかりやすく、スムーズに治療に専念することができました。そしてそのような治療体制が必要だと感じました。

それらを実現するため、オーラルフィジシャンコースや日本ヘルスケア学会へ参加し、お口の健康を見守る方法を勉強し、医院全体で共有して患者さんの健康に関わらせていただいています。
現在、当医院で行っている診療の流れは他の歯科医院とは違い時間がかかるように感じるかもしれませんが、病気の原因を考えた場合一番の近道だと思っています。

お口の中の病気のほとんどは細菌が原因です。歯ブラシやフロス、歯間ブラシで取り除くのですが100パーセント取り除くことは不可能です。細菌が悪影響を及ぼさないように付き合っていくしか方法はありません。
その付き合い方を皆さんに知っていただき、お口が悪くならないように見守らせていただくことを目標に日々研鑽しています。

院長略歴

2002年 大阪歯科大学卒業
2003~2004年 大阪歯科大学附属病院にて研修
2004年~ 久米歯科医院勤務
2018年~ 久米歯科医院継承

 

所属学会

日本包括歯科臨床学会所属
日本ヘルスケア歯科学会所属
日本顎咬合学会所属

 

E.jpg