コラム

2024.02.29

小児矯正は意味ない?後悔しないために把握しておくべきポイント

「小児矯正は意味ないんじゃないの?」

「小児矯正の効果は長続きしなくて、費用対効果が悪いんじゃ?」

という疑問をお持ちの保護者の方々から、
お問い合わせを頻繁に頂きます。

このような疑問が多く出てくるのは、
小児矯正は、多くの保護者の皆さんが、
子どもの将来のために検討する重要な選択なのですが、
正しい理解が世の中に浸透していないことによるものだと感じます。

そこで、小児矯正をする意味、
後悔しないために知っておくべきポイントについて、
歯科医としての知識や経験をもとに解説します。

小児矯正は本当に意味ないのか?

「小児矯正は本当に意味ないのか?」という質問を
患者さまから頂くことがあります。

この疑問に、歯科医の視点から答えると、
一概に「意味がない」とは言いきれず、
むしろ、意味がある点の方が多いと感じています。

実際、小児矯正は多くの場合、
子供の将来の歯並びや咬合の問題を予防し、
改善するために重要な役割を果たします。

小児矯正の主な意味や目的は、
「歯並びや咬合の問題を早期に発見し、
適切な時期に治療を行うこと」です。

これにより、将来的な複雑な矯正治療の必要性を減らし、
子供の口腔健康を保つことができます。
子供の口腔健康は身体の発達に影響をおよぼしますので、
絶対に軽視してはならないポイントです。

また、正しい咬合は、発音や噛む機能にも影響を与え、
子供の自信醸成や社会的なコミュニケーションにも
良い影響を及ぼすことが知られています。

小児矯正は単に美容的な問題だけでなく、
子供の全体的な健康と、
幸福に寄与するものであるという意味を理解することが大切です。

※小児矯正が必要かどうかは、個々の子供の状態によって異なります。
一部の子供には、自然な成長と発達によって歯並びが改善される場合もあります。
そのため、小児矯正を検討する際には、
歯科医師による詳細な診断が不可欠です。

 

「小児矯正は意味ない」と言われる理由

「小児矯正は意味ない」と言われる理由や背景には、
いくつかの要因が関わっています。

まず、小児矯正に対する一般的な誤解や知識不足が
「意味ない」と言われる大きな要因です。
多くの人々は、小児矯正が単に見た目の問題を解決するためだけのものと誤解しています。

しかし、実際には、小児矯正は子供の健康な歯並びや咬合を確保し、
将来的な口腔問題はもちろん、身体の健康な発育にも影響する重要な役割を果たし、
「意味ない」どころか「意味大あり」ます。

次に、小児矯正の費用が高額であることも、
一部の人々が「意味がない」と感じる理由の一つです。

矯正治療は長期間にわたり、
かつ高額な費用を必要とするため、
経済的な負担が大きいと感じる親御さんも少なくありません。
このため、費用対効果を疑問視して
「意味ない」という感じる保護者の方がいるようです。

また、小児矯正の効果についての誤解も「意味ない」と感じる理由の一つです。
一部の保護者の方は、矯正治療が一時的な効果しかもたらさないと考え、
子供の成長に伴い歯並びが再び悪化すると誤解しています。

しかし、適切に行われた小児矯正は、
長期的な効果をもたらすことが多く、
矯正後も定期的に歯科医にチェックしてもらえば、
大きく逆戻りする前に対処できるはずです。

歯科医も最善は尽くすものの、
人間の体が相手の小児矯正ですので、
100%ということは難しく、その辺りの不確実さを指して、
「意味がない」と表現される方がおられるようです。

 

意味ないと誤解される点 説明
見た目だけの問題との誤解 小児矯正は見た目だけでなく、健康な歯並びや咬合を確保するために重要。
費用の高さによる疑問 高額な治療費が経済的な負担となり、「意味がない」との誤解を生むことがある。
効果に対する誤解 一時的な効果しかないとの誤解があり、長期的な効果を見落とすことがある。
情報不足と誤った情報 正確な情報が不足しているため、矯正治療の必要性や効果についての誤解が生じる。

 

これら誤解による「意味ない」という感想には、
正確で包括的な情報提供が必要です。

親御さんが小児矯正について正しく理解し、
子供の口腔健康に最善の選択をするためには、
専門家の適切なアドバイスと情報が不可欠です。

 

小児矯正の意味・重要性:後悔しないために知っておくべきポイント

小児矯正の意味・重要性について詳しく説明します。

小児矯正は、子供の健康な歯並びとかみ合わせを確保するために非常に重要です。
正しいかみ合わせは、子供の発音や噛む機能に影響を与え、
将来的な口腔健康、そして身体の健康を保つために不可欠で、大きな意味を持ちます。

また、歯並びの問題を早期に発見し、適切な時期に治療を行うことで、
将来的な複雑で高額な矯正治療の必要性を減らす意味があります。

口の健康は、咀嚼に影響を及ぼします。
咀嚼は、唾液の分泌に影響し、消化を助ける役目があるため、
子供の栄養吸収に意味をもちます。
また、咀嚼がきちんとできない状態は、あごの発達に影響します。
あごの発達は、運動能力や身体のバランスに影響し、
子供の姿勢や成長にも影響しますし、脳の発達にも影響するといわれています。

お子さんの口の健康は、
口の中だけの健康にとどまらず、
将来的な身体全体の発育に影響してくるということを、
十分理解しておくことが重要です。

一般に知られているよりも、かみ合わせによる影響はずっと大きく、
軽視してはいけない、小児矯正を行う意味です。

小児矯正のもう一つの重要な側面は、
子供の自信と社会的なコミュニケーションに対する影響です。
小児矯正の効果は、歯や身体の健康にとどまらず、
口元の見た目の改善によって心理的な発育にも影響を及ぼします。
正しい歯並びは、子供の自信と社会的なコミュニケーションにも良い影響を与えます。
子供が自分の笑顔に自信を持つことは、
彼らの心理的な健康と全体的な幸福感に寄与します。

 

小児矯正の意味・重要性 説明
健康な歯並びと咬合の確保
(口の中だけの問題にとどまらない)
正しい咬合は、子供の発音や噛む機能に影響を与え、
口腔健康を保つために重要です。
口の健康は将来の身体の発育に影響するためとても重要です。
歯並びの問題の早期発見と治療 早期に歯並びの問題を発見し、適切な時期に治療を行うことで、
将来的な複雑な矯正治療の必要性を減らすことができます。
自信と社会的コミュニケーションの向上 整った歯並びは、子供の自己表現と自信を高め、
社会的な交流にポジティブな影響を与えます。

 

 

小児矯正の費用対効果:意味ないと言われるのはなぜ?

小児矯正の費用対効果について解説します。

小児矯正は、子供の歯並びや咬合の問題を改善するための治療法であり、
その効果は多岐にわたります。

しかし、この治療には高額な費用がかかることが多く、
多くの親御さんが費用対効果に着目するあまり、
「意味ない」のではないかと懸念を持っています。

費用対効果の視点からみる
小児矯正の意味をまとめます。

効果の種類 説明 方法
歯並びの改善 不正な歯並びを正しい位置に矯正し、見た目の美しさと口腔衛生の向上を図る。 固定式ブレースや取り外し可能な装置を使用して歯を徐々に動かす。
噛み合わせの正常化 上下の歯が正しく噛み合うようにし、効率的な咀嚼と消化を助け、顎関節症、姿勢の悪化の予防に寄与。 歯並びを整えることで自然と改善されるが、必要に応じて顎の成長を促す治療も行う。
顔貌の調和 歯並びや噛み合わせの改善を通じて、顔のバランスを整える。 矯正治療を顔の骨格に合わせて行い、顔貌の改善に繋げる。
発音の改善 正しい歯並びにより、発音の障害を改善し、明瞭な発話を可能にする。 歯並びを整えることで舌の動きがスムーズになり、正しい発音がしやすくなる。
重度の治療を回避 将来的に複雑で高額な矯正治療を避けられる 早期治療

 

小児矯正の費用対効果を考慮する際、
小児矯正は長期的な視点で評価する必要があります。
短期視点では意味を正しく評価できない場合もあるからです。

治療後、何年その効果の恩恵をうけられるか
という視点で評価されると良いとおもいます。
初期の費用はそれなりに高額になりますので、
そこに目を奪われがちですが、
長期的な視野で、小児矯正の効果を評価するのが重要です。

将来的に、より複雑で高額な矯正治療を避けることができますし、
なにより、見た目の話だけではなく、
お子さんの身体の発育への影響を考えますと、
タイミングも大切ですし、
長期的にはコスト効率が良いと考えられます。

経済的に状況が許すのであれば、
小児矯正は費用対効果が高く、
子供にやってあげる意味は十分にあると思います。

小児矯正の一般的な費用はどのくらい?

小児矯正の費用は地域やクリニック、治療の内容によって大きく異なりますが、
一般的には数十万円が多い価格帯です。

治療の種類や期間、使用する装置の種類によっても費用は変わります。

例えば、従来型のブラケットを使用する場合と、
目立ちにくい透明なマウスピース型の矯正装置を使用する場合では、
費用に差が出ることがあります。
また、治療期間が長くなるほど、総費用も高くなる傾向があります。

矯正装置の種類 費用の範囲 特徴
従来型のブラケット(金属製) 約30万円~60万円 一般的な金属製のブラケット。目立つが、コストは比較的低め。
セラミックブラケット 約40万円~80万円 歯に色が近く目立ちにくい。金属製に比べて若干高価。
リンガルブラケット(舌側矯正) 約80万円~150万円 歯の裏側に装置を取り付けるため、外からはほとんど見えない。高価だが審美性が高い。
透明なマウスピース型矯正装置(インビザラインなど) 約60万円~100万円 透明で目立たない。取り外しが可能で、見た目を気にする人に適している。
マイクロインプラントを利用した矯正 約50万円~100万円(インプラントの費用は別途) 歯を支えるための小さなインプラントを使用。複雑な矯正に適しているが、追加の手術が必要。

 

小児矯正の費用には、
初診料、診断料、装置の費用、調整料、定期検診料などが含まれることが一般的です。

これらの費用は、治療を行う歯科医院によって異なるため、
具体的な費用を知るためには、
事前に複数のクリニックで相談することが推奨されます。

小児矯正を検討する際には、費用だけでなく、
治療の効果や安全性、子供の心理的な負担など、
総合的な観点から判断することが重要です。

また、保険適用外の治療が多いため、
費用の計画も慎重に行う必要があります。

 

久米おとなこども歯科の小児矯正の費用は?

久米おとなこども歯科の場合、小児矯正の費用は40万円です。
これは各々状態に合わせて矯正方法を選択していき、
装置が途中で変わっても別途費用はかかりません。

また、口腔機能面や姿勢など改善のトレーニングも同時に行う為、
より効果的に健康に導くことが出来ます。

小児矯正の費用がわかる価格表はコチラ

久米おとなこども歯科の小児矯正の特徴

当院では多くの成人も受診されています。
その中でむし歯や歯周病のみの問題を抱えている方は少なく、
かみ合わせや口腔機能の問題を抱えている方が多いです。

逆に、健康的なかみ合わせや口腔機能を持った方は、
むし歯や歯周病の問題が生じている方は少ないです。
このように問題を抱えた状態から成人矯正をするのではなく、
成人矯正では得ることの難しい姿勢、呼吸、口腔機能を改善し、むし歯、歯周病予防だけではなく、
健やかなお子様の成長に貢献していきたいと思い小児矯正に取り組んでいます。

なぜなら悪い状態から治療を行い予防を行っていくのと、
良い状態から予防を行っていくのでは、
健康状態を継続できる期間に大きな差を生じるからです。